カードを手に入れることを望む場合、申込者本人がカードを所有可能な年齢であるという必須事項がございます。例外はあることはあるとは言え一般的な場合成年になってから65歳程度の範囲の保持希望者が申請受け付け対象と定められている一般則に着目したい。20歳未満は父または母の同意が条件⇒とりあえずはお伝えできるのは申請希望者が高校三年生にあたる18歳より下の年齢だと判断される状況では残念ながらクレジットの申請は不可能だと思って頂いた方が良い。義務教育修了と同時に、社会人として働いている苦労人の方も多数いらっしゃると思うが原付の運転免許というようなものと一切変わらず、規則で定められた歳に達しない限り保有は条件的に厳しいと解釈して頂いた方が合理的です。18才?19才に該当する条件であるケース→使用希望者がたとえば高校卒業直後の18才?19才だという成年でない方のケースには、どんなに高額の収入が見込める職業にありついているということで収入がとても高いというというケースであっても、保護者の許可を得ることが必須となっているためこうしたところでも注意が求められます。また、大学通学者もしくは専門学校生というような学校生に対して学生用カードなどと呼ばれる学生のためのクレカが発行されているからそれに相当するカードを希望するようにするのが間違いがありません(こういったやり方以外の場合手続きが完了できない可能性が高いと考えられます)。もしくは、自らクレジットの作成手続きを行わなくても、父親や母といったご両親の面々が登録するクレジットカードの家族カードという他のやり方で保持させてもらうということなども一つの手段であるゆえに、何かとキャッシュフローに関する計算が大変だと思っているようならば協力を頼んでみるのも効率的でしょう。18才であっても高校の学生はクレジットカードを持てない→ちなみに、もしも18歳であるとしても高校の学生はクレジットカードを原則使用するようなことはまず不可能です。とは言え、実際的訓練について行うような特別な4年制あるいは5年以上かけて勉強する高校(工業高校等)の条件であれば高校の生徒でも学校在籍者用のカードの申請について認可される条件がカードの種類によってはあり得るため、必要な状態であれば意中のクレジットカード会社の受付にまで確認してみて頂くべきだと思われます